2018 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 08











スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日(--) | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

死ぬとき

スポンサードリンク



こんばんは。

今週に入り体調をくずしてしまいました。
胃腸がわるかったのか、お腹が痛くて仕事帰りに慌てて病院に行ったりして。

もともとお通じがゆるめで、便が出たくなる寸前でお腹が痛くなりトイレに駆け込み、
トイレを済ませればお腹が痛いのはすっきり治るはずですが…

便がでたいわけでもないのに、下腹部が痛くて腰あたりも痛くて。
前かがみになって、汗もかいてきて…
会社で少し休んでみましたが心配だから病院に。

同じ症状の患者さんが数人きましたよって先生はおっしゃっていましたが…
なんだったんだろう。胃腸炎なのかしら。
お薬を飲み今日は落ち着いてきています。

だから家に帰宅後、お腹が痛いから横になろうとベッドにはしり、
化粧もおとさず、爆睡して朝4時に目覚めたりして。

昨日は昨日で次男が夜遅くになりはじめた雷が怖いからって私のベッドで寝るって。
「お風呂はいってきていい?」ときいても「ダメ、こわいから」と言われ。
息子が寝るまで横にいようと思っていたら私のほうが早くも爆睡だったらしく。
またまた4時前に目が覚めて。

結局二日連続で朝風呂、朝洗濯。

でも、お風呂って入って寝ないと疲れがとれませんね。
朝はいったら、なんだか会社でぐったりしちゃった。







先日、こんな経験話をききました。
三途の川のおはなし。

その方は、クモ膜下出血である日の朝に倒れられて。(今はすっかり元気です)
そして、手術をしたそうですが1週間くらい意識はもどらなかったそうです。
先生にはご家族は、最悪の覚悟も、そしてもし意識が戻っても麻痺があって不自由な生活になるだろうと伝えられていたとか。

でも、その方は奇跡的に意識がもどり、そして体のどこにも麻痺もなく普通の生活にもどられています。

そして、その方は言っていました。

まるで夢を見ているような感覚なんだよ、三途の川はって。
話にきくように、まわりには綺麗なお花がたくさんあるんですって。
そして、川の向こうには亡くなったおじいちゃんとおばあちゃんがいたそうです。

そして…
一生懸命に「きてはいけない」って。
おいでの手招きではなかったそうです。
そして、その方は意識がもどったと…

本当にあるんですね。不思議なようですが…

その話をきいて、すぐに思ったのが昨年亡くなった友人の事。
誰に呼ばれて行ってしまったのかな、穏やかな気持ちで川をわたれたんだろうな。

生死がその一瞬でもしも決まるとしたら…
それも運命なのかもしれませんね。


今日、母から電話が来ました。
先日のCTの検査で肺に小さな影があるみたいで。
今後、経過をみていくということでした。

本人は良性か悪性か生検で調べたいようですが、先生にそれは大変なことだよって言われたようです。

私は、小さい時からおもっているんです。
人間って生まれた時から死ぬ時って決まっているんじゃないかって。

もしその日をわかったとして、死にたくないから外に出ないで家にこもっていたら、
たとえば強盗がきたり、家事になったりとか。
どんなことをしても避けれないんじゃないかなって。

でも、その日がわかれば、それまでの人生を変えることはできそうですけれどもね。
怖いけれども知りたいような気がします。



いつもありがとうございます。
応援よろしくお願いいたします。
    ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


2015年06月25日(Thu) | 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gannbamama.blog.fc2.com/tb.php/374-f97254df


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。