2018 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 06











スポンサーサイト

スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日(--) | スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

また夫の事

スポンサードリンク




こんばんは。
今夜も少し書いてみます。

さきほど夫から電話があって、今日後輩が仕事を辞めたいっていってきたらしくて…
数ヶ月前に中途ではいってきた人らしいのですが。
今、仕事の受注とかが切羽詰まっているらしく、彼にかなり厳しく色々強く言っていたようです。
「いいすぎたのかなぁ」って夫は言ってましたが…

私は毎度言っているんです。
カッとなったら、何も考えずに文句がでてしまう、相手を責めてしまう、言い出したら抑えがきかなくなってしまう。
相手が悪いわけでは決してないと思うんです。
ただ、夫が、それは違うとおもっただけ… そんなこともあると思います。

相手は上司でも同僚でもお客さんでも関係ないんです。
自分では正義感が強いからおさえきれないって言っていますが、考え方が子供すぎます、何もわかっていません。

夫が相手に言っている言葉や目つきなど、もし自分が逆の立場だったら夫の性格ですから我慢できないでしょう。
誰しも夫に言われて頭にくるのをじっとこらえているんだと思います。

今の単身赴任が決まる少し前に、夫が上司にカッときてくってかかったときに、上司に胸ぐらをつかまれたようです。
でも上司は大人です、そこでおさえたようです。
その晩酔って帰ってきた夫は笑いながら私に言いました。
「もう少しで殴り合いの喧嘩になるとこだった」って。
あきれましたよ、情けなくなりましたよ。
その晩も、それは違うよ、考え方がおかしい、常識がない、さんざん夫に話したっけ。

私に言われて落ち着いてくると反省している様子はいつもあるのですがね…

結局、懲りていないんでしょうね。その場限りです。











今では、離れて暮らしていますから以前ほど夫の会社でのそういう人間関係の悩みは私自身考えなくてすむようになってきましたが、カバンなくし事件をはじめ、相変わらずの毎日のようです。

先日、今の職場に社長がきたときに、「またあばれたそうだな」って言われたようです。
数回前にここに帰ってきた金曜日、営業の会議でそのあと皆で飲んだようです。
夫はここにどうやって帰宅したかも覚えていない位で。
それでその飲んでいる場所でまた皆さんにからんだのでしょうね。
社長までご存知という事はどなたかが報告したんでしょうね。
夫は社長には可愛がられているから、って言うけれども… なんだかなぁ

いくら仕事を頑張っているとしても、協調性や器が小さい人は出世なんてできないでしょうね。

そして、カッときて文句をいうたびに、まわりの人は「またはじまった」ってきっと冷めているはず。
気がつかないのは自分だけなんです。
どんどん孤独になっていきます。
誰しもうわべだけの付き合いしかしてくれなくなります。
本人だけが気がついていないんです。わかっていないんです。自分は正しいと思っているから。

今夜は夫に長々と今書いたようなことを話しました。
厄介な人にならないように、そして自分が言う前に自分が言われたらって考えてほしいと。
そして、このままだと誰からも相手にされなくなって孤独になるって。
社長が知っているってことは、報告されているんだよ、それが組織なんだよ、とも。

今回、後輩が辞めたいと言われて少し考えさせられてとは言っています、それに私の話にも「そうだよね」って言っていました。

もう子供ではないんです。
もう社会に出てどれだけの年数がたっているでしょうか、もう気がついてもいいでしょうね。
自分が昇格できないのを人のせいにしていますが、自分を省みなくてはいけません。
自分を管理できない人は、部下を管理することもできません。慕われなくてはいけませんから。

私自身、立派な人間ではありませんが…
夫には自分の為にも変わってもらいたいのです。この気持ちが伝わってほしいのです。
人から好かれる…
この世に生まれてきたのなら一度きりの人生をつまんない人生で終わらせたくないですよね。
孤独が好きで楽なのかもしれません。
でも、過去を振り返った時に何も残っていないような後悔することがないように。
私は友人や家族、同僚、たくさんの人達と楽しく過ごしています。そして色々な事を学んでいます。
とても大切なことだと思います。たくさんのご縁があっての毎日だと思っています。

夫と知り合ったのも、そして結婚してこうして生活しているのも縁なのでしょうね。
だからこそ夫にも人とのつながりの喜びを感じてもらいたいのです。
届けばいいなぁ…



いつもありがとうございます。
応援よろしくお願いします。
    ↓

にほんブログ村


にほんブログ村


人気ブログランキングへ



2015年12月08日(Tue) | 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gannbamama.blog.fc2.com/tb.php/431-8c695389


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。